スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤たま

150820_124325.jpg 150820_124407.jpg

先日、焼き上がった「たまごシリーズ」の新作。
“赤たま”です!

前にも書いたと思いますが、
焼いてしまうと、ガラスの赤ってなかなか綺麗に出てくれなくて…。
4個焼いたうち、綺麗に出たのはコレ一つ。

赤の濃淡が微妙な感じで、
情念の赤って感じ?

俄然、やる気が湧いてきて、
一気に仕上げてしまいました。
コチラ↓

IMG_3474.jpg

IMG_3473.jpg

バックスタイルも綺麗に始末。

見ておわかりかと思いますが、
今回は粘土自体も赤くしてみました。
白の磁器粘土に赤色の練り込み用の絵具を使っています。
焼き上がるまで、色がよくわからないので、ドキドキです (V)o¥o(V)

とりあえず、大成功~♪

ところで、作品のビフォー・アーフターの写真を見ていると、
「ラ○ザップ」のCMみたいな気がするのは私だけ?


↓↓↓ 参加してます。!押して貰えるとと~っても励みになります!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド作家へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

久々のたまご~!

赫舎の陶芸教室が7月に再開され、
先日、久しぶりに作品の焼成が完了しました~!

私の「たまご」達も完成~。

前回に引き続き、今回も『赤』を出すことに挑戦!

土も3種類に分けて作ってみました。

先ずは茶色土の作品。

赤たまご1

茶色の側面に赤いガラスが入ると
地底のマグマのように見えませんか?

これは「土のたまご」。

次は白土の作品。

赤たまご2

赤を綺麗に出すのは本当に難しい~。
なかなか思うようにはいきませんが、
まあ、これも作品の「あじ」ってことで… (^_^;)

う~ん、これは何のたまごかな~?
何かいい名前がありましたら、ぜひご一報下を!
「○○のたまご」っていう感じでお願いします m(__)m

さて、お次は黒土です。

赤たまご3

黒土って、不思議なんですよね~。
赤のガラスを入れているのに、青い部分が出たりして…。
これは「宙のたまご」かな?

でも、ちょっとこれって面白い!
いい感じのペンダントが作れそうな予感が…。

そうだ!ペンダント作り頑張らないと! ね。


この他にも、定番の「海のたまご」や「森のたまご」もありますよ~。

おいおい、アップしていきたいと思います~ (^O^)/



↓↓↓ 参加してます。!押して貰えるとと~っても励みになります!
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

深海のたまご

深海のたまご

2012年がスタートしましたね~。

新年の初めには、今、私が一番気に入っている作品を…。

これは前回焼いた「たまご」の内のひとつで、
黒地に深いブルーが綺麗に入りました。

“深海のたまご”です。

「たまご」作りも、3回目にしてようやく
思い描いていた色がでるようになってきました。

次回の4回目の際には、成功率もアップしている予定…。

今年も「たまご」ともども、
よろしくお願い致します m(__)m

森たま~。

朝、洗濯物を干そうと2階のベランダに出ると、
軒下にとまっていた雀と目が合いました。

嘴に藁のような細長い草をくわえています。
草をくわえた雀を見るのは、これで3回目。

怪しい~ (-_-)

眉間にしわを寄せて近づくと
すばやく隣の家の屋根に飛び移り、
いつの間にか2羽になって、
こちらをじぃ~っと見ています。

雀のいた辺りに立って、
屋根や樋の方を見たのですが、
特に変わった様子はありません。

それでも、怪しい~ (-_-)

なおも雀を睨んでいると、
草をポロっと落として、
「なんもしてないっスよ~」
というように、ふいっと目をそらしました。

そういえば、
この2~3年、樋にツユクサが咲くといった「?」な事件が続いています。
もしや、こ奴らが…。

“雀のお宿”になる前に何とか手を打たねば。
近々、樋屋さんにチェックして貰った方がいいかもしれません…。


さてさて、今日も新作アップです!

今日は「森のたまご」です~。

森たま1


茶色の粘土に青緑色のガラスが綺麗です (*^。^*)
(たまごの縁は釉薬で白っぽく見えますが、
横、もしくは裏から見ると茶色なんですよ~)


森たま2


飾りの花には、グリーンのスワロが一輪。

実はもっと飾りをつけようと色々やってみたのですが、
どうもしっくりこなくて…。

このシンプルな形が一番美しく見えます。

どこまで飾るか、どこで引くか、が作品の善し悪しを決定するように思います。

そこが難しいんですけどね~。
つい飾りたくなる私としては… (^^ゞ

海たま~。

日が暮れるのが早くなりましたね~。

夕方6時頃、郵便物をチェックしていなかった事に気付いた私は、
ふんふんふ~ん♪と、鼻歌混じりに郵便受けまで行きました。
手を伸ばそうとした瞬間、
足に違和感が…。

えっ!?
今、何か蹴らなかった?

目を凝らして足もとを見ても、暗くてよくわかりません。
もっと近づこうとした瞬間、

ビヨン~。と飛び跳ねたのです!

ゲッ!カエルだ~!
しかも大きい!

何を隠そう、私はカエルが大嫌いです。
一人で大騒ぎしながら家の中に…。

今でもまだカエルを蹴った時の感覚が足に残っています。(ToT)/



さて、気を取り直して今日の作品です (*^。^*)

楽々展の1週間前に焼き上がった「たまご」達。
大振りなものは何とか楽々展に間に合うように仕上げましたが、
小さめのものは、まだ幾つか、手つかずのままです。

今日はそのうちの一つを完成させました。

ブルーの綺麗な、「海のたまご」です。

海のたまご2

試行錯誤の末、
今回の写真は、実物に近い色を出すことができました~ (*^^)v

角度を変えて、

海のたまご1

水晶の花が海の泡のようです (*^_^*)

準備完了~?

今週の火曜日にたまごが焼きあがってから、
毎日、ペンダント作りをしていました。

私がほぼ思い描いていた通りにペンダントトップが焼き上がり、
それをワイヤーワークで仕上げる。
完全な手作り作品。

思い入れのある作品だから、最後まで全力投球で!

久しぶりのワイヤーワークは手が攣りそうになります(^_^;)
実際、2日目には親指の付け根が筋肉痛…。
飾りの花を作るのに使う細いワイヤーで、指先が荒れてピリピリするし…。

火曜日からの4日間では6個作るのが精一杯。
前に作っておいた一つを加えて、
「たまご」は7個仕上がったところでタイムオーバー。

ガラス面が反射してしまって、
写真がうまく撮れません(>_<)
反射を抑えると暗くなってしまうし…。
自分で言うのもなんですが、
実際の方が数倍綺麗です

明日には搬入します。
これから値札をつけたり、ディスプレイの準備です。

あともう一息!

tamago.jpg

たまご焼成完了~!

夏休み明けに再開された陶芸教室で、
今回は26個の「たまご」を作ることができました。

14.jpg

そして、今日が待ちに待った焼き上がりの日!
昨日からどきどきしてしまって、落ち着きませんでした。

今回は3種の土に、ガラスを様々に配合してみました。
数があっただけに、いいデータをとることができました。

思っていたより、どれも、ひびがいい感じに入ってくれたのですが、
実際にペンダントトップとして使えそうなのは14個程…。
まだまだです。

試行錯誤は続きます。

写真もたくさん撮ってみたのですが、
実際の色を伝えるのが難しくて…。

結局、カメラより、携帯で撮った方がぼけてはいるものの、
色味は近いものが撮れたという、情けない結果となりました (>_<)

こちらです↓


13.jpg


今回は定番の「海のたまご」に加えて
「宙(そら)のたまご」
「深海のたまご」
「森のたまご」もあります (^^)/

さあて、これから仕上げにかかります。
「楽楽展」までにいくつ仕上がるかな~ (^_^;)

たまご作成

ラジオで聞いたのですが、

人の「やる気」を引き出すには
とにかく、やるしかないのだそうです。

人は何かをやり始めると、
だんだん「やる気」が出てくるのだそうです。

なるほどな~、と妙に納得しながら、
今日は久しぶりの陶芸教室に向かいました。

楽々展の日程が決まったところで、
ペンダントトップ作りも、また再開です。
たまご以外に作ったトップも、
前回、幾つか焼いてみたのですが、
色付けがうまくいかなくて、アクセサリーには至らず…。
今回の楽々展では、アクセサリー関係は
「たまごシリーズ」をメインにもってこようと思っています。

「たまご」は私にとって、偶然の産物。
色や仕上がりをコントロールすることは
今の私にはまだ無理です。

そこで、とにかく数を作ってみようと考え、
今日は頑張りました (V)o¥o(V)

たまご1

久しぶりでも、半年以上手掛けていれば、
上達はするものですね。

シルエットもまあまあです (*^。^*)

たまご2

一番大きなのは、鶏卵程の大きさです。
これはオブジェ用。

初めの頃は一日に一つしか出来なかったのが嘘のように
今日はこんなにたくさん形成することができました。

今日の私には「やる気」が降りてきたのかな…?

宙(そら)のたまご

そらのたまご1

暗闇の中、浮かび上がるような僅かな光。
遠い何億光年も彼方の宇宙を連想させませんか?

これは、“宙(そら)のたまご”。

ひとたび光が当たれば、様相はガラリと変わります。

コチラ↓

そらのたまご2

黒い粘土に色のついたガラスを加えて作りました。
焼きあがるまで、どういう作品になるのかわからない偶然の産物です。

たまごの魅力に惹かれるように、
ワイヤーワークは、一気にやり終えました。

5㎝程の大振りたまごの完成です(*^_^*)




今日はもう一つ。

こちらはフェイクスイーツのおもしろアクセサリーです。

先ずは鯛焼きイヤリング。

たい焼きいやりんぐ

そして、三色団子イヤリング。

三色いやりんぐ

片方ずつつけてもいい感じ…、かな?

団子とたい焼き

続・海のたまご

長い道のりでしたが、
震災後初めての本焼きが終了し、
新たな“海のたまご”が誕生しました。

マダムTは、本焼きが無事終了するまで徹夜で窯についていたそうです。
余震があったり、大雨があったりで、
本当にドキドキものの本焼きだったようです。

マダムT,お世話になりました。ありがとう~ (^O^)/

今回、誕生したのは、この4個のたまご。

海のたまご0

2個はいい感じにひびが入ってくれました。
キラキラして綺麗です。

嬉しくて、今日はこの中の一つにワイヤーでフレームを作ってみました。

コチラ↓

海のたまご

卵の中に、うまく海を閉じ込めることができたでしょうか?

陶器のパーツと勾玉?

よく降る雨ですね。
寒いし…。

私は悪天候の中、今日も赫舎へ…。
来週は春衣展で陶芸教室がないので、
できる内にと思って…。

すると、今日は先客が二名。
私より陶芸歴一年先輩のOさんと
久しぶりに復活したSさん。
そこに私が加わって、マダムTと四人。
寒さをものともせず、粘土をこねこね (*^。^*)

他の人の頑張っている姿を見るのは励みになりますね。

今週は陶器ビーズを作ってみました。
こんな感じです。

陶器のパーツ

帰り際に慌てて作業台の上で撮ったので、
汚れもそのまま… ^_^;

「ビーズなんて、穴あけるだけじゃん」なんて思っていたら大間違い!
私はレザー紐を通す大き目の穴を開けなければならず、
これが意外と難しいんです。
小さいだけに、粘土が柔らかいとすぐに形が崩れてしまうし、
固いとひびが入ってしまうし…。
うまくいかなくてイラッとした私は、
勾玉作りに逃避しました。

勾玉


どうしても、模様入れちゃうんですよね~。

やっぱり削りながら模様をいれるのは楽しいな~♪


秘密兵器?

気が付けば、今月もあとわずか…。
2月は「逃げる月」と言われるだけあって、
あっという間ですね~ (+o+)

今週はこんなものを作りました。

ペンダント吊り下げ台2

歪なのはご愛敬 (^^ゞ
ふふふ…、何だと思います。

こ~んなふうに使うんです。

ペンダント吊り下げ台1


素焼き後のトップに釉薬を掛けた時、
こうやって吊るしておかないと、
本焼きした時にまわりにくっついてしまうんです。
他と接する部分に釉薬を掛けなければ
そんな心配はいらないんですが、
やはり全体に綺麗にかけたいな~と思いまして… (*^_^*)

釉薬が焼いている時に溶けて垂れても窯を汚さないように
ちゃんと受け皿の部分も作ってあります。

トップを通す細い棒は
ジョイフルホンダで見つけた1200度までOKのセラミック?だったかな?
とにかく熱には強い棒です。

ちなみに卵の時は他と接する部分の釉薬を軽く拭きとって
専用の台を作って乗せて焼きました。


ここまでくると、益々焼く時が楽しみになりますね~。
最後の最後まで、結果のわからない焼き物ですが、
そのドキドキ感がまた楽しかったりします。

そうそう、結果といえば、
色彩検定の1級2次の結果ですが…。

落ちました…

世の中そう甘くないということでしょうか。
また1年後にチャンスはありますが、
受けるかどうかはおいおい考えていこうと思います。


今日は報告をもう一つ!

先日ひたちなか市のコーヒーショップ「サザ」で
「パナマ・ゲイシャ」という名のコーヒーを飲みました!

パナマ・ゲイシャ

ご存じですか?このコーヒー。

と~ても希少価値の高い豆だそうで、
1杯、ナント1,500円ですよ~!
話のネタにと飲んでみたのですが、
これが、おいし~のぉ
飲むまでは「ホントに違いがわかるかなぁ、私」などと思っていましたが、
わかる!よ~っくわかるよ!
濃い色合いで、苦みをイメージしてしまう見た目を裏切って、
実際飲んでみると、コクがあって、独特の酸味と甘みが口に広がります。
飲んだ後はすっきりとした味わい。

う~ん。満足でございました。

時間とお財布に余裕のある方は
是非、お試しあれ!
 

やっと、これだけ…

寒い寒いとは言っても、
今日あたりは随分日差しが春めいてきましたね~。
てことは、花粉もそろそろかなぁ。

さてさて、私は今日も赫舎でトップ作りです。
D1000636.jpg

携帯でとったので、写真がぼけてます。すみません…。
これは筒状のトップで、紐が通せるようになっています。
ゼンマイのようなグルリン模様。

D1000637.jpg

葉っぱ、かな?
左上の穴に紐を通して使います。

今年に入ってから、少しずつせっせと作って
やっとこれだけ貯まりました。

作品いろいろ

あ~、この写真もヒドイ… (+o+)

なかなか素焼きまでたどり着かない。
と言うのも、窯をいっぱいにする程の作品が貯まらないから。

私の作品は何といっても小さいものばかりだし、
マダムTの他の生徒さんは今、体調を崩したり、
忙しかったりでお休み状態。

そうなると、頼みの綱はマダムTの作品のみ。

頑張れ!マダムT。
負けるな!マダムT。

3月あたり、素焼きできるといいな~ (V)o¥o(V)


「ココペリ」のペンダントトップ

今週は忙しくて、形成したトップは一つだけ…。

kokoperi3.jpg

↑これは私が使っている「ココペリ」の絵。
以前にも書きましたが、「ココペリ」というのは、
インディアンの間で伝えられる“豊穣”を司る精霊の事です。
笛を吹いている姿で描かれることが多いそうです。

今回はこの「ココペリ」を私流にデフォルメしてトップにしてみました。

これです。

D1000630.jpg

いつも私の作品を見るのを楽しみにしてくれている母に、
早速、この写真をメールで送ったところ、
ふふっと笑って、「よくわからない」と言われてしまいました。

な~んで~~~!

私的には結構気に入っているんですが…。

ちなみに、これを「タツノオトシゴ」だと思った方、
違いますからね~!
これは「ここぺり」でっす!

海のたまご

前回、磁器粘土で形成したトップを幾つかご紹介しましたが、
私が陶器(あるいは磁器)のトップでとても作ってみたかったものに

「海のたまご」というのがあるんです。

名前の通り、海の色をそのまま卵の中に閉じ込めたようなものを
イメージしているのですが、
これが、難しい… (-_-)

どうやったら、色がうまく出るのか、試行錯誤の連続です。

D1000613.jpgD1000614.jpgD1000615.jpg


こんなふうに、絵具や釉薬やガラス粉の
配分、組合せを変えて実験してみたりしているのですが、
なかなか思うような色になってくれません。

今回、3個やってみた中で、
一番まともだったのがこれ。

IMG_1146.jpg

目標の色には全然及びませんが、
始めて挑戦したものだと思うと、ないがしろにもできず…。

とりあえず、ワイヤーワークでまとめてみました。

これです。

海のたまご

私的にはダメダメなんだけど、
ついフローライトやアクアマリンのビーズで着飾らせてしまいました。

親ばか…。

横から見るとこんな感じ。

海のたまご2

ちなみに、これは一番最初に形成したものだったので、
大きさが非常にアバウト!
通常のエッグと比べると…

海のたまご3


でかい…。


いつか理想の「海のたまご」を作るまで
私の挑戦はまだまだ続きます!

磁器のペンダントトップ(形成)

今週から、マダムTが赫舎の陶芸教室を再開してくれたので
早速、月・火の二日間行って来ました~。

今回は磁器の粘土に挑戦~!
キメが細かくて、小さいものを作るのには最適です。

その時のノリで形を変えて作ってみました。

D1000627.jpg

↑これは、捻じれたリーフ型に模様を入れてみました。
上の方の穴に紐を通して使います。


D1000626.jpg

これは…、なんでしょうね?
まあ、“ノリ”だから (^^ゞ

D1000628.jpg

ん~、ゾウリムシ?

D1000624.jpg

これは2か所の穴。チョーカータイプかな。

D1000625.jpg

2月だからか、何となくハートも作りたくなって…。
左上の黒くなっているところは穴になっていて、
ここに紐を通すようになってるんですよ~♪


これらはまだ形成段階。
このあと、素焼きして釉薬をかけます。
色がつくとまた雰囲気がガラっとかわるんですよね~。
トップが仕上がるのも楽しみだけど、
私の仕事はそこで終わりじゃない。

今度はそれらを使ってどんなアクセサリーに仕立てるか、が待っているんです。
あ~、ワクワクするな~ ヽ(^。^)ノ

できた~!

陶器ペンダント1

↑昨日の陶器ペンダントトップを使ってアクセサリーを作ってみました。
主役はあくまでトップですから、
まわりはなるべくシンプルに~、と思っていたのですが、
ただ革ひもに通すだけでは芸がないよね~とか、
やっぱり大胆さの中にも、ちょっと繊細な可愛らしさも…、
などど、言っているうちに、こんなデザインになりました ^_^;

使ったビーズは紅メノウとスモーキークォーツ。

長さが結び目のところで調節できるのも便利です。
写真のように、短くしてチョーカー風にすれば、
先端のビーズが前面にきて、これがまた可愛らしく見えますよ~ (^_-)-☆

陶器のペンダントトップ第一作目

先月、形成した陶器のペンダントトップ↓

陶器のペンダントトップ

今日、焼きあがりました~。
記念すべき第一作目はモノトーンにしてみました。

これです↓

陶器ペンダントトップ1

レリーフ部分に透明の釉薬を掛けたので“ツヤッ”っとしています (*^_^*)

現在、磁器の粘土で形成したペンダントトップが着々と増殖中。

でも、何といっても始めたばかり、
焼いてみて、「?」と思うこともしばしば…。

おまけに、形成→素焼き→薬掛け→本焼き と、工程が多いので、
ブログにアップできるものができるようになるには時間がかかりますが、
どうか、長~~~い目で見て頂けると嬉しいです。

とりあえず、第一作目は明日あたりアクセサリーに仕立ててみようと思います (*^^)v

陶器のペンダントトップ制作中!

お久しぶりです~。 
はあ~、やっと検定も終わりました~。
2次は手強かったです~。
まだまだ勉強量が足りなかったかな~という感じでした。
結果は来月ですが、期待薄かも…。

まあ、今回ダメでも、あと2回は挑戦できるし。
1次が通っていれば、2年間は1次試験免除なんですよ。
でも、一年間は長いな~、くうっ~!

しばらく、作品も作れなくて、欲求不満を感じていた私は
今日、早速、赫舎へ行って一つ作って来ましたよ。
やっぱり、もの作りはいいですな~ (V)o¥o(V)

陶器のペンダントトップです!


陶器のペンダントトップ

作ったと言ってもまだ形成段階です。これから素焼き~♪
年が明けたら、しばらくはペンダントトップ作りに集中したいと思います(*^_^*)

プロフィール

ここぺり華

Author:ここぺり華
「ここぺり」へようこそ!

色彩検定1級を取得。
色に形に素材に、私なりのこだわりをもって取り組んでいます。
・アクセサリー
・フェイクスイーツ
・カルトナージュ
・陶芸
モノ作りって楽しい!

乙女倶楽部
茨城県常陸太田市東一町2309-1 営業時間10時~15時  
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。